委員会からのお知らせ

スポーツ脳神経外傷検討
委員会

スポーツ脳神経外傷検討委員会委員長 荻野 雅宏

スポーツ脳神経外傷検討委員会
委員長

荻野 雅宏

スポーツ脳神経外傷検討委員会は、2007年に設立された「スポーツ頭部外傷検討委員会」にその端を発します。スポーツによる頭部外傷の実態解明や予防のための研究、啓発を中心に活動を開始し、重大事故や脳振盪の発生しがちなコンタクトスポーツについてのアンケート調査などを行うかたわら、さまざまなスポーツに適用が可能な「スポーツ頭部外傷における脳神経外科の対応(神経外傷36: 119-128, 2013)」を発表しました。これは、中学校の武道必修化などに伴って社会的関心が高まり、「スポーツによる頭部外傷に関する診療ガイドライン制定を」という声が、日本脳神経外科学会に寄せられたことを受けたものです。

今後も、この領域の国際的なコンセンサスを与えるInternational Consensus Conference on Concussion in Sportによる共同声明などとの整合性を保ちつつ、日本臨床スポーツ医学会(脳神経外科部会)とも連携しながら、わが国の指針をアップデートしてゆく予定です。

このほか、スポーツにおける重大事故として、頭部外傷に次いで大きなウェイトを占める脊椎・脊髄外傷をもカバーすべく、名称を「スポーツ脳神経外傷検討委員会」へと改めました。脊椎脊髄を専門とする委員を増員し、この領域の研究や啓発にもいっそう注力します。2020年に開かれる東京でオリンピックは、そのビジョンのひとつに「未来への継承」を掲げ、1964年の前回大会開催時に比して格段の成熟国家となった日本が、世界にポジティブな変革を促し、それらを未来へ継承していくことを目指しています。

スポーツをこよなく愛する私たち「スポーツ脳神経外傷検討委員会」も、次世代につながる研究、啓発を継続する一方、いろいろな競技団体に働きかけながら、わが国のコンセンサスならびに指針の確立につとめます。

スポーツ脳神経外傷検討委員会名簿一覧

委員長 荻野 雅宏
副委員長 谷 諭
委員
  • 荒木  尚
  • 川又 達朗
  • 佐藤 晴彦
  • 重森  裕
  • 末廣 栄一
  • 鈴木 晋介
  • 中山 晴雄
  • 成相  直
  • 野地 雅人
  • 福田  修
  • 前田  剛
オブザーバー
  • 鈴木 倫保
  • 永廣 信治

スポーツ脳神経外傷検討委員会のお知らせ

神経外傷36巻2号にて「スポーツ頭部外傷における脳神経外科医の対応─ガイドライン作成に向けた中間提言─」について特別寄稿いたしました。